04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Fitを買ってみた。

私(こもチック)のホンダFitネタブログ。

広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

温度計付き時計の配線をスッキリさせてみた。 

先日取付けた温度計付き時計のNAPOLEX Fizz Fizz-890 VTメータークロック
これの配線をスッキリさせてみました。

元々この温度計付き時計の電源はシガーソケットから取れるようになっているのですが、それだとシガーソケットでiphoneを充電出来なくなるので配線をスッキリさせながらも、別の方法で電源を取ることとしました。

まずシガーソケットの部分のパネルを外します。
でもその前にシガーソケットの上のパネルを外さなければなりません。
その上のパネルはセンターロアカバーと呼ばれるらしく、クリップとツメで止まっているだけなので下側に内張り外しを突っ込んでバキッと外します。GE後期モデルの場合、パネル裏面に照明用電球がセットされているので、回して外します。
その後、シガーソケットの付いているパネルを外しますが、これも手を突っ込んでパネルを掴んで引っ張れば外れます。

パネルの取外し。

これも裏面にシガーソケットへのコネクタが差し込まれているので抜いておきます。
で、このコネクタのコルゲートチューブをバラして中の配線を引っ張り出します。

配線を取り出し。

これにワンタッチコネクタを挟み込んで電源を取り出します。
紫の配線がACC、黒の配線がアースです。

ワンタッチコネクタで電源取り出し。

今度は温度計付き時計の配線をパネル内に通すべく、パネルに穴を空けます。
センターロアカバーのこの位置に穴を空けました。

パネルに穴開け

この温度計付き時計、液晶に向かって左側面から配線が出ているので、この位置に穴を開けました。
外気温センサーも通さなければならないので、少し大きめの穴を空ける必要がありますが、普段は見えない場所なので適当でOKです。

後は温度計付き時計のシガーソケット部分をバラし、適当な長さにカットしてギボシ端子を取付け。

ギボシ端子を取付け。

後は全て元通りに戻すだけ。
手間は掛かりましたが配線はスッキリ隠れ、シガーソケットも無駄なく使えます。
ただ電源を取り出す際にヒューズを入れた方が安心できると思ったのは作業が終わってから・・・。
機会があればヒューズを取り付けたいと思いますが、当面はこのままかな?(;^ω^)
スポンサーサイト
2014/05/19 Mon. 00:45 | trackback: 0 | comment: 0edit

温度計付き時計を買ってみた。 

先日フィットでDVDを見ながら運転中にふと思ったのが「時計が無いので時間が分からない」って事。
普段はナビの時計で時間を確認していますが、DVD鑑賞時は時計表示が出来ないので時間が分からないんですよね。

って事で地元のオートバックスに立ち寄ってみたところ、手頃な値段でコレを見つけたのでお買い上げ。

温度計付き時計

NAPOLEX Fizz Fizz-890 VTメータークロック
これを選んだ理由は大きさと価格が決め手でした。

1,980円

特価で1,980円。この値段で時計だけでなく温度計や電圧計の機能も備えているんですから買いでしょう。
もうちょっと小さな時計をインパネに埋め込む事も考えてましたが、値段と高機能に釣られました(;^ω^)

取付は簡単で本体は付属のステーを使ってインパネに両面テープで固定。
電源はシガーソケットから取りますが、これは電圧の検出とイルミ電源。時計機能にはボタン電池が使われます。
本体の取付はこの位置にしました。

取付場所

液晶部を拡大。

取付状態

まだ室外用温度センサーを車外に固定していないので、車内とほぼ同じ温度を表示しています。
試しに室外用温度センサーをエアコン吹き出し口に当ててみると暖房だったので温度が上がってきました。ちゃんと機能するようです。

しかし夜間走行時は照明の熱をステー伝いに拾うのか温度が高めに表示されました。
ステーの取付方法を変えるか、イルミをLEDに変更するかの必要があるますが、概ね満足(*´ω`*)
室外温度センサーはまた後日取り付けることとします。

2014/05/01 Thu. 01:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。