10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Fitを買ってみた。

私(こもチック)のホンダFitネタブログ。

広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ナンバー灯の交換。 

先日記事にしたバックカメラの取付の際に合わせてナンバー灯もLED製に交換しました。

FITのナンバー灯はT10ウエッジ球でポジションランプと共通です。

楽天で購入したLEDバルブ。

交換方法はサービスマニュアルではリアハッチ外側からバックランプのレンズ部を外すような指示がありますが、割れそうだったのでリアハッチの内張りを外し内側から交換しました。
リアハッチの内張りはピンで固定されているだけなので内張り外しを使い引っ張って外します。

内張りが外れるとこんな感じでナンバー灯のコネクタが見えます。

内張りを外すと・・・

コネクタの両端をつまんで引っ張るとナンバー灯が外れます。

外します。

後は差し替えるだけ。

交換後の画像は撮影忘れでありません・・・次の機会にでも(;^ω^)
スポンサーサイト
2011/11/29 Tue. 00:25 | trackback: 0 | comment: 0edit

バックカメラ取付(その3) 

バックカメラ取付もこれで最後。
後はカメラからの配線処理だけ。

先の記事でカメラ本体は固定出来ましたので配線を車内に引き込む作業になりますが、今回取り付けたバックカメラはカメラ側の配線がスマートで車内への引き込みやすそうです。

カメラからの配線の先端。

この配線をリアハッチ運転席側上部のゴムグロメットから車内に導きます。
リアハッチ内はリアワイパーモーターへの配線に抱かせる感じで固定します。

配線処理。

次にリアハッチ上部まで引っ張り込む訳ですが、配線の先端に針金なんかを巻きつけ、それをガイド役に引き込みます。

先端に針金。

今回使用したのはコチラ。

園芸コーナーで売ってます。

100均の園芸コーナーで売ってます。これが便利で配線の固定なんかにも使え重宝します。タイラップで固定すると取り外す際に切らなきゃ駄目ですが、これだと緩めることが可能ですし。

配線固定にも。

話が脱線しかけましたが、コレを上手くリアハッチ上部まで導きましょう。
上手く行けば今度は車内側からリアハッチまで引き込みます。
右テールランプの点検口を外し、更にリアの内張りを少し浮かせて手が入るようにします。
完全に取り外す必要はありません。面倒ですから。

内張りをちらり。

で、先程と同じように針金を上から下に通し、配線を上に引き込みます。

開通。

後はゴムグロメットに通し接続すればOK。
残るはカメラの電源を取るだけですね。
取付当初はACCから電源を取ってましたが、この場合走行中常にバックカメラに通電され発熱の心配が考えられる事からバックランプのプラス側から取ることにしました。
ワンタッチカプラーを使って緑に銀の線があるケーブルに接続します。
アースは近くに取る場所がありますのでY型端子でも付けて接続します。

バックランプから電源を。

RCAケーブルは抜け防止のためにビニールテープを巻いておきました。
これで取付作業は内張りを元に戻せば終了。
最後にカメラの取付角度を調整するだけ。
エンジンキーをACCまで回しエンジンを掛けずにバックギアに入れて確認します。

完成♪

補助線はカメラに予め設定されているものでした。
画像ではまだカメラが傾いている状態でしたのでカメラのレンズ部を緩めて角度を調整しなおしました。

これでようやく終了ですね。
作業時間は順調に配線が引き込めれば2時間も掛からないはずです。
リアガーニッシュも外さず、ドリルも使わず簡単に取り付け出来ます。
安価なカメラでも十分使えますからDIYで取り付けてみては如何でしょう?

2011/11/23 Wed. 01:53 | trackback: 0 | comment: 2edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。