04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Fitを買ってみた。

私(こもチック)のホンダFitネタブログ。

広告

ラゲッジライトの取付(続き) 

ラゲッジライトの固定が出来たので次は結線。

ディーラーやネットでの話では内張りを剥がせばカプラーがあり、それに繋げるだけとの事でしたが・・・うちのFitにはそれらしきカプラーは見当たりません。製造時期によってはカプラーが省略されているケースもあるようで自力で結線しなきゃならないようです(´・ω・`)
※うちのFitは2011年4月納車です。

そこでGoogle先生に聞いてみたところ、同様のケースでカプラーが無かったながらもラゲッジライトを取り付けられている方のブログを見つけることが出来、必要な結線箇所が判明。それを頼りに結線しました。

まずプラス側ですが、これには常時電源から引っ張る必要があるようです。
今回はルームランプから引っ張りました。
まずルームランプのレンズ部分を外します。

ルームランプのレンズを外す。

更にプラスネジ2箇所を外すとルームランプ本体が外れ、配線が顔を出します。
そのうちピンク色の線が常時電源ですので、ワンタッチカプラーを使って電源を取り出しました。

常時電源の取り出し。

取り出した電源線はルーフ内部を通し、リアクォーターガラス付近の内張りからラゲッジライトの取付部まで導きます。ルーフ内部へ配線を通す際には針金などを使って通すと比較的簡単に通すことが出来ると思います。

次にアース線ですが、これはリアハッチを開けた際にアースが落ちる線から結線する必要があるんですが、この線はリアラゲッジ右側の内張りの中にあり、メンテナンスハッチを開ける事でアクセス出来ます。

アース線の結線箇所。

こちらもワンタッチカプラーを使って結線しました。
画像では黄色っぽく見えますが実際はオレンジ色のコードです。
カプラーを外して作業すると簡単です。
このアース線もリアラゲッジの内張りをうまく外して隠しながらラゲッジライト取付部まで配線します。

ここまで来れば後はラゲッジライトに繋ぐだけ。
ですがカプラーが無いので市販のカプラーを購入し使用することにしました。

エーモン工業の2極コネクタ

エーモン工業の2極コネクタ。
これのメス側をラゲッジライトにハンダ付けし、オス側は車両側に圧着して取り付けました。

コネクタをハンダ付け。

ハンダ付けは端子はそのままレンズに取り付けた状態でササッとハンダ付けしちゃいました。
熱を加え過ぎるとレンズが溶けちゃうので要注意。
ちなみにダイオードが付いている方がプラスになります。
コネクタへコードをセットする際はプラスマイナスを間違えないよう注意しましょう。

これで作業は終了。カプラーを繋いでラゲッジライトの点灯確認をします。

無事点灯。

無事点灯しました♪
これで夜でも荷物の出し入れが楽になります。

取付後に知った話ですが、ストリーム用のラゲッジライトがそのまま流用出来るようで、こちらの方がスイッチ付きで使い勝手が良いとの事。もっと調べれば良かったと少し後悔するも、概ね満足です( ´∀`)bグッ!
2011/05/19 Thu. 01:47 | trackback: 0 | comment: 3edit

ラゲッジライトを取付。 

またしばらく更新出来ていませんでしたが、先日うちのFitにラゲッジライトを取り付けてみました。

と言うのもうちのFitは13GのFパッケージなんですが、リアラゲッジにはライトが無くて夜の荷物の出し入れがとにかく不便でして。調べてみれば上位グレードには標準でラゲッジライトが装着されている事を知り、ディーラーに部品を取り寄せてもらいました。

ラゲッジライト。

これが今回取り付けたラゲッジライト。画像右側の袋は電球です。
値段は電球と合わせて881円でした。

まず最初に行うのがラゲッジライトを取り付ける穴を空ける事。
リアラゲッジの左側の内張りに取り付ける場所があり、マーキングされています。

ラゲッジライト取付位置

これをカッターナイフを使ってくり抜きました。
最初に小さめにカットし、ラゲッジライトに合わせて削って調整する感じで。
最終的にはカットラインの外側が丁度良い感じになりました。

取付穴。

試しにラゲッジライトをハメてみます。

ラゲッジライト取付。

綺麗に収まりました♪
続きは次の記事にて。
2011/05/19 Thu. 01:18 | trackback: 0 | comment: 0edit